惑星モノメデ

物を愛でるブログ。筆者の琴線に触れるような”モノ”の数々を書き連ねていく。また、酒などのレビュー他。

    ニッカウイスキーの限定リリース、ブラックニッカクロスオーバーが早めに届いたので、早速記事にしたいと思います。
    前回リリースの限定ボトル、ブラックニッカブレンダーズスピリットも好評だったので期待が期待が膨らみます。ブレンダーズスピリットはニッカウイスキーの節目となる時期に蒸留された貴重な原酒を使用したものでした。3000円以下のウイスキーにはあまり見られないようなビターさや奥行きを感じました。
    今回のブラックニッカクロスオーバーは、余市蒸留所のヘビーピートモルトと、宮城狭蒸留所のシェリー樽モルトというニッカを語るうえでは外せない原酒をキーモルトとしているそうで、様々な原酒を混ぜ合わせるという工程は通常のウイスキーならば行われていることですが、わざわざクロスオーバーという言葉を用いる意義として、調和しながらもそれぞれの個性を主張しているというブレンダーの遊び心を楽しんでほしいというようなことが箱に描いてありました。
    クロスオーバーという言葉自体は音楽でよく使われていますね。ジャンルを混ぜ合わせたような曲調などです。
    今回の限定ブラックニッカはどのようなクロスオーバーの調和を見せてくれるでしょうか。
    写真 2017-05-19 23 50 18

    ブラックニッカクロスオーバーの味わいと香り
    香りを嗅いでみると、ニッカ製品らしいさわやかな香りに、ブレンダーズスピリットで感じたようなチョコレートっぽいビターさを感じます。が、ブレンダーズスピリットほどの強い香りではありません。
    口に含むと、ニッカ製品に感じるさわやかな果物っぽいあまい口当たりがすぐに訪れますが、それもすぐに引いて苦みをともなったアルコールの刺激とスパイシーな感覚が来て、口の中にスモーキなフレーバーが広がっていきます。
    メーカーのキャッチコピーの予想は鮮やかに裏切られるというフレーズはなるほどと思うようなもので、飲むと様々な変化を楽しめるボトルだと思いました。
    ロックにして飲んでみると、甘さとスパイシーさが占める味わいになると感じ飲みやすく感じましたが、ストレートのほうがやや舌にビリビリするところもありますが、遊び心を愉しむのにお勧めしたいところです。
    写真 2017-05-19 20 54 11

    限定13万2000本、700mlで価格は2000円付近ということで、この価格で買えるウイスキーとしては実に面白いものであるといえます。

    【個人的評価】
    A





    ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。


    迫ってまいりました。母の日。父の誕生日や父の日なんかは、自分と趣味の近いためにブランデーやウイスキーなんかをあげたりしましたが、母はどちらかというと日本酒やワインのようなライトなお酒を好む傾向にありました。
    お酒を買って瓶ごと渡してもあまり飲むこともなく放置されていることが多いので、お酒を持って行ったときはその場で飲むようにしてます。そうなると、ワインや日本酒などその場で飲み切るようなものが多いですね。
    そして、すぐ飲み切ってしまうもの以外ではグラスなんかをあげようと思っているところです。
    そんな中、選んでいい感じだなと思ったのが二重のウォール構造になっているグラスです。
    ダブルウォールグラスでまず名前のあがるRayESがおすすめです。ロックグラスのように使えますが、よく冷えた日本酒やワインを飲むのに保温性が高くおすすめです。見た目としても特別な日に使うのにぴったりです。
    母の日にオススメしているショップも多くあり、フラワーギフトも選択できます。

    ジムビームのグラスといえば、タンブラーやジョッキなどが最近はノベルティでついてきていました。今回紹介のタンブラーはロックグラスにも使えるサイズのものです。
    Ma-grprvzKOLkeeAMZfI5fG1VEmLL

    【JIM BEAM(ジムビーム)ロックグラス風タンブラー】の続きを読む

    アーリータイムズ、グラス付きばかり買ってもかさばるので、このグラスマーカーなかなかかわいいなと思ったので一本買いました。お花見シーズンですので、木の下でみんなで飲むときに役に立つかと。とはいっても、お花見の席にウイスキーないしハイボールなんてやはりカジュアルに楽しめる飲み物になってきたとはいえ難しいかもしれませんねえ。
    KcTdbZZU5HX9VQldl-58DBwoSx3X371Ns4HaG6
    【EARLY TIMES(アーリータイムズ)グラスマーカー】の続きを読む

    _I3CT-8c2Q996Ewasr_e-DJ88TqgN
    私の好きなボールペンがこの三菱鉛筆のピュアモルトです。メーカーによると、熟成の終えたウイスキーの樽材を使用したボールペンが製品となったものです。

    【三菱鉛筆 ピュアモルト】の続きを読む

    クラシックな雰囲気のバーボンとしてなじまれているアーリータイムズのイエローラベルのレビューをします。

    index

    【【ウイスキーレビュー】アーリータイムズイエローラベル】の続きを読む

    グラスマーカー、正直なところあまり使わないのですが、自分の家で飲んだりするとき、お酒のグラスが酔ってるうちにわからなくなることって結構あります。ホームパーティーに限らず、家族でオードブルをつつくような割とほかの人の食器があいまいな位置になるときなんかは。
    最近ではアーリータイムズがノベルティでお花見レシピとグラスマーカーを付属していましたが、花見の席なんてまさに誰のコップかわからなくなりますね…。そんななかでお勧めのグラスマーカーなんかを。
    _SL1024_

    【グラスマーカーのすすめ】の続きを読む

    I.W.HARPERのグラスはここ最近では見かけませんが、多く見かけるのはSODAという文字の入ったグラスです。このI.W.HARPERのグラスはシルエットの絵がなかなかかわいらしいです。
    Q35ndoadYceIiD1a2TtCNS-80jDaPa5D2nF56kCc0qgP
    【I.W.HARPER タンブラー】の続きを読む

    サントリーが樽ものがたりとして、ウイスキーの樽を再利用した家具や雑貨などを販売しています。ウイスキーの樽は、新樽が最も味や香りがしみだしてくるのですが、セカンドフィルなどといわれる2回目以降の樽として古樽として使われます。
    新樽と2回目以降の熟成の古樽ではそれぞれで役割があるので、かならずしも新樽がいいというわけではありません。ただし、バーボンなんかは法律によって新樽でなければバーボンウイスキーと名乗れないということが決められています。
    それでも樽材の組み換えやもう味や香りの出てこなくなってしまった樽をサントリーはこの樽ものがたりとして再利用したグッズを販売しているのです。ウイスキーの熟成に使われるのはオークこと樫です。
    三菱のウイスキーの樽材の再利用したもので作られているピュアモルトというボールペン、シャーペンがとても持ち心地が良くてすごく気に入っているのです。

    余談ですが、ピュアモルトは少なくともモルトのみの原酒を指しますが、このピュアモルトボールペンにグレーンウイスキーが入ってるかもしれないということは考慮しないのかという気もしますね。
    そして、この三菱鉛筆の販促のポスターにはよく見るとサントリーの
    蒸留所のYAMAZAKIの文字が。そして、サントリーの樽材再利用品のラインナップにもこの三菱鉛筆のピュアモルトはありました。おそらく山崎をはじめとしたサントリーの樽材が使われているのでしょう。

    そして、毎日使うボールペンと同じく毎日使っている、箸をこの樽材の握り心地の良さが欲しいなと思い、探してみました。
    【ウイスキー樽で作った箸を求めて】の続きを読む

    ワインや日本酒、そしてウイスキーあたりを夜にくつろいで飲んだりします。そして、お気に入りの飲酒部屋は洗い場やキッチンからすごく離れているので、運ぶのもすごく苦労します。
    グラスの所持数は結構な数があるので、ある程度使用済みのものが溜まってきたらまとめて洗っているのですが衛生的にもメンテナンス的にもあまり長い間放置するのはよくなさそうなので、改善しようとしていました。

    ですがしかし、グラスってまとめて運ぶの大変なんですよね。私が普段飲酒する部屋は狭い階段を上ったところにあるので、バランスを崩したらすぐ落下するのであまりたくさんお盆に乗せても運べません。くわえて、大きな箱のようなものにまとめて突っ込んでも揺れてガチャガチャと運ぶのも傷がつきそうで落ち着かないです。
    そこで、グラスのホルダーで運んでみようかなと思ったのが始まりでした。

    まず見つけた貝印 kai グラススタンド ( トレー 付) New Cook Day なのですが、こういったタイプの物は通常は6個までしてかけることができないところ8個かけることができるのです。
    しかし、これは置くことしか想定してないのでこのお盆ごともって運ぶのはやや難儀かと思いました。

    続いて目を付けたのが天馬というメーカーのトレイ付きグラススタンドでした。こちらは両脇に持ち手があるので洗ったグラスをかけて運ぶことができます。また、傾斜がをつけてあるスタンドなので、省スペース化とグラス同士が当たるのもさけることができます。

    そして、持ち運ぶという点において最も優れたグラススタンド、グラスホルダーがありました。このアスベルというメーカーのコップスタンドという商品でした。これは手をかけて持つ取っ手が中心にひとつあるので、片手で持ち運ぶことができるのです。プラスチック製ということで重さもあまりないのでガラス製品のようにまとまると重さが出てくるものにはもってこいでしょう。

    しかしながら、これらのグラスホルダーやグラスラックは広めのオールドファッショングラスやロックグラスをかけたらグラス同士がぶつかって欠けてしまったりするのではないかという懸念がありました。そういったことは6個かけタイプのグラスホルダーやグラスラックには、1列目の中心に一個、2列目の両端に1個ずつおけば3個しかかけられませんがグラス同士がぶつかってかけるリスクは減ります。
    ですが、ホルダーやラックのかけるぶぶんが常にグラスにあたりつづけているのが少し落ち着かないところです。それがクリスタルガラスなどであったら長時間かけていたときの重さも相まって傷がついてしまわないか心配なところです。ソーダガラスなどの通常のグラスであれば問題ないところですが。
    そこで、水切りトレーなどにグラスを伏せてかけるのではなく、置くというほうがいいのではないかと考えました。



    水切りというと、こういったものをまず思い浮かべるでしょうが、これはグラスどうしがぶつかるので運ぶのにはやや向いていません。

    そんな中ちょうどいいものがありました。

    ドレイナートレーというもので、水切りトレーに溝と突起がいくつもついています。この突起を収まるようにグラスをおくことによって、グラスが移動しないようにしているのです。また、皿を置くこともできます。

    同じ発想のものに、芝生のようにさらに突起が増えたものもあります。ここまでくると大体安心な気もしますが、メンテナンスの手間などを考えると、個人的にはドレイナートレーが使ってみて楽だったように思います。

    ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。